お知らせ news / diary

軽井沢の家

建物工事が完成しました。
一年近い時間を掛けて、多くの職人の方の技術力と作業により完成をしました。
地道な断熱気密施工により、軽井沢の環境にも対応するようにしています。

大工工事はもとより、建具、木製窓、家具、漆喰、左官、全てのものが職人の方々の仕事によるものです。
我々に出来る図面という会話手段を用いながら、現場での職人の方とのコミュニケーションを大切にしました。
工事に携わった多くの方々に感謝いたします。

週末住宅としてスタートしますが、永住を視野に入れた間取り、空間としています。そこではゆっくりとした時が流れ、四季と共に、各々の窓から風景が楽しめることと思います。

いわきの家 動画のお知らせ

ライターの松川さん主催の動画サイトに「いわきの家」を紹介していただきました。
武蔵村山の家に続いての、ご紹介となります。

写真とはまた異なり、実際にそこに居るような感覚になることができます。
ご両親は生まれ育ったこの地域を大切にして、それを引き継ぐ子供たちはのびのびと育っていきます。
ご家族の普段の生活が、そのまま動画になっていますので、ぜひご覧ください。

南大泉の家

仕事に「南大泉の家」を追加しました
ぜひご覧ください。

およそ26坪の二人住まいの小さな住宅です。
居間・食堂のある1階に、仕事場でもあるアトリエを併設しています。
コンパクトな空間ながら、スムーズな動線、収納力、お互いの居場所を確保し、何より楽しく暮らせるよう考えてきました。

これから、住まい手により様々な表情の変化が生まれることと思います。
そのようなことも、柔らかく受け入れる空間になったと感じます。

いわきの家

仕事に「いわきの家」を追加しました
ぜひご覧ください。

およそ、3年が経過した住宅です。
小さかったお子さんも小学生となり、時間の経過を感じました。

そこは自然豊かな土地であり、その分普段からの手入れも手間がかかるところです。
ただ、それを生活の一部として素直に受け入れ、子供たちも自然の中を走り回り、いつも楽しんでいるようです。
家もそれらと同一のものとして存在し、時が経過していくことを嬉しく思いました。

12312